2018年7月12日木曜日

MW25616L実験表示モジュールver.2の概要

MW25616L実験表示モジュールver.2(VF1711)の外観です。
(従来品ver.1の仕様はこちらをご参照ください)


外形サイズや基本的な仕様は従来品(ver.1)と同じですが、次の小変更をしています。
・VFDへの供給電源をON/OFFできる機能を追加しました。
 表示が必要ない時の省電力モードとして利用できます。
 (制御用のポートとしてNo.8ピンを使用しています)
・基板の向かって左側にI2C接続用のコネクタを設けました。
 市販のRTCモジュールを直接差し込むことができます。

ver.2の概要説明資料です。

 

回路図です。IC2は従来品ではインバータでしたが、ver.2ではNORに変更して、Arduino No.8ピンで出力の制御ができるようにしました。従来品同様のインバータ動作とする場合は、No.8ピンを出力ピンにしてLowレベルに設定してください。

Arduino Uno に置き換えると、以下のようなイメージになります。


基板横のコネクタCN2には市販のRTCモジュールを直接差し込めます。
(RTCモジュールの上側の1ピン:32Kピンが余ります)


編集中です、しばらくお待ちください。

2018年7月7日土曜日

MAKERS BAZAAR OSAKA vol.5 きています

今年もメーカーズバザール大阪にやってきました。

「チーム伊勢」のブースでCL-VFD実験モジュールを展示しています。
今年は去年より少しバージョンアップしました。
・VFDへの供給電源ON/OFF機能追加。
・市販のRTCモジュールを直接挿し込める端子の追加 など


詳細情報は後ほど掲載予定です。
ご興味のある方は是非お立ち寄りください。

2017年7月16日日曜日

MW25616L 実験用表示モジュールを使ってみる(2)

7月8,9日の「メイカーズバザール大阪 vol.4」ではTeamIseの出展にもお立ち寄りいただきありがとうございました。多くの方とお話ができ、とても充実した二日間でした。VFDのキットについても予想以上の方にお買い上げをいただき、誠にありがとうございました。
販売したVFDについては、関連の情報を随時アップして行く予定です。

今回は、MW25616L実験表示モジュールの使用例(その2)として、この表示モジュールにPCからメッセージデータを書き込む事例を紹介します。

(動作事例です)

MW25616L実験表示モジュール(以下VFDと記載)はArduinoUno相当として使用できる表示モジュールです。Arduino同様USBケーブルでPCからプログラムを書き込めますが、同時にPCとシリアルポートで接続された表示機でもあります。
本例はPCソフトからメッセージデータを送って、VFD側プログラムで受信・保存して繰り返し表示する簡易的なメッセージ表示システムです。
PCソフト、VFDソフトなどの関連ファイルをひとつの圧縮ファイルにまとめました。

    CL_MessageEditor_v100b1.zip(ダウンロードして解凍してください)

使い方については下記のPDFファイル(上記zipに含む)をご覧ください。
     

本ソフトはメーカーズバザール大阪での展示を目的に作成しました。
ソースコードなど配布用として整理したものではありませんが、会場にて公開のご要望がありましたので、まずはそのままの形でアップさせていただきました。使い勝手などまだまだ改善の余地がありますので、改定版ができれば順次公開の予定です。

2017年7月9日日曜日

メイカーズバザール大阪 vol.4 参加しています

昨日から「メーカーズバザール大阪 vol.4」が開催されています。
私も「TeamISE:子供向けプログラミング教材と電子工作」のメンバーとして参加しています。
子供パソコンIchigoJamをベースにしたプログラミング教材と電子工作教材を展示していますが、VFD関連のものもおかせてもらっています。

ひとつは大垣2016、NT京都2017でも展示の「MW25616L実験表示モジュール」です。
参考情報:http://vfd-fun.blogspot.jp/2016/12/mw25616l.html
今回は時計デモのほか、PCからテキストメッセージを送信して表示するデモも展示しています。表示機側とPC側のプログラムなど参考情報は後日掲載させていただきます。
前回同様RTCモジュールなどのおまけつきで頒布価格3,000円です。

もう一つは、当ブログでもサンプル提供させていただいたVFDモジュール:GU280X16G-7002Sに制御用のCPUボードを組み合わせたものです。
 
VFDモジュールの仕様や使い方は当ブログでも紹介しており、ichigoJamからも制御することができます。ただし、ichigoJamのようにプログラム容量に制約がある環境では、細かい表示制御をするのは厳しいのが現状です。そこで、VFD表示制御用のCPUボードを取り付けて、いろいろな表示を簡単な命令やI/Oポート操作で実現できるようにすることを目的にした企画です。CPUはATmega328P-AU(3.3V/8MHz)を使用、日本語フォントROMも搭載し漢字表示が可能です。ArduinoIDEでもプログラム開発が可能ですが、書込みには別途AVRISPmk2等の書込み機が必要です。
展示品はプロプラム中に書き込んだ日本語メッセージを表示しているだけですが、今後ichigoJamからの制御を意識したプログラムや使用例を当ブログで紹介させていただく予定です。(今回展示には間に合いませんでした・・・)
VFDモジュール+制御ボードにおまけの電源ケーブルと簡易スタンド用スペーサーを添付して頒布価格2,000円です。(VFDモジュールはメーカー様より提供いただきました)

メーカーズバザール大阪にご来場の際には是非お立ち寄りください。

2017年3月19日日曜日

NT京都2017に参加します(行けないけど・・・)

ねたもの系ものづくり大集合!!NT京都2017は明日3/19開催です。
昨年は見学だけでしたが今年は Team Ise として参加いたします。
私は地元の行事と重なってしまい行けなくなりましたが、CL-VFDの実験モジュールを頒布予定です。仕様は大垣2016のときと同様で、おまけとしてRTCモジュールと細ピンヘッダが付きます。次期バージョンを検討中ですので、使っていただいての感想や回路変更・機能アップなどのご意見をいただけると非常にありがたいです。


Team Ise では主にIchigoJam関連のオリジナル基板やアクセサリを展示します。
VFDモジュールをIchigoJamで使いやすいようにピンソケットを付けて、接続ケーブルをセットにしたものも展示します。オリジナルのIchigoMilk基板なら付属ケーブルで簡単に接続できます。PRINT "xxxxx" で簡単に文字が表示できます。


Team Ise の展示は2Fの端の方ですが、よろしければお立ち寄りください。

2016年12月4日日曜日

MW25616L 実験用表示モジュールを使ってみる(1)

Ogaki Mini Maker Faire 2016 は本日までですが、現地からの情報によるとこの表示モジュールを何台か買っていただけたようで、誠にありがとうございます。
ここでは実験用表示モジュールの回路図と参考プログラムを紹介します。

回路図

素人設計のため、とりあえずこれで動いていますという参考回路図です。
マイコンはAtmega328P-AUを使用しており、ArduinoUno用のブートローダを書き込むことでArduino互換ボードとして使用することができます。

動作確認用の参考プログラムとその動画です。

VFDへのデータの送信順など基本動作を確認するプログラムです。
日本語表示は日本語ROMのデータではなくピットイメージデータで表示しています。

日本語ROMのデータを使った表示サンプルです。
ビットイメージデータで簡単なアニメーションを表示しています。

6x8,8x16ドットフォントに日本語ROM以外のフォントも使えるようにしました。
(1) (2) では表示データを直接VFDに送信していましたが、これでは不便なことも多いので1画面分のバッファメモリにデータを書き込んで、必要時にバッファメモリから画面更新できるようにしたサンプルです。(こちらが一般的な使い方と思います)
6x8フォントのスクロール表示以降はバッファメモリを使わず直接送信で表示しています。
Ogaki Mini Maker Faire で販売したものにはこのプログラムが登録されています。

RTCモジュールと組み合わせて時計表示をするサンプルです。
RTC:DS3231は以前に使用したDS1307とほとんど同じように使えますが、SQW端子から1Hzのパルスを出力するための設定箇所が違っています。
秒の表示が00になったときにサンタのアニメーションが表示されます。

ここに紹介の関連情報は以下のURL(Google drive)にも保存しております。

2016年12月3日土曜日

Active matrix VFD : MW25616L 実験用表示モジュール

アクティブマトリクス蛍光表示管(CL-VFD/Chip Lighting VFD)は、アノード部にメモリー機能付きのシリコンチップを使用した、高輝度・高精細が特長の蛍光表示管です。
CL-VFDの概要については、ノリタケ伊勢電子(株)のHPに詳しく紹介されています。
http://www.noritake-itron.jp/products/vfd/mat_cl/index.html

このCL-VFDのひとつMW25616Lが手元にあります。16x16ドットのシリコンチップを16個ならべて256x16ドットの表示が可能です。旧品でメーカーHP掲載の現行モデルよりドットピッチが少し大きくなっていますが、同じように使うことができます。 以前はこのVFDを使用した評価キットSCK25616L-Aが販売されていましたが、現在は(惜しまれつつ)販売終了になっています。

このVFDにCPU、電源回路、日本語フォントROM、USBシリアル変換ICを組み合わせた実験用表示モジュールを作ってみました。
CPUはArduinoUnoと同じAtmega328Pを使用しています。CPUの使用していないポートはスルーホールとして引き出されており、表示機能付のArduinoUno互換ボードとして利用することができます。






何台か組み立てて、何人かの方に試用していただいてますが、たま吉さんのブログでとても詳しく紹介をしていただいています。http://nuneno.cocolog-nifty.com/blog/2016/07/post-c13a.html
試行錯誤の中でとりあえず形にしたものですので、多くの方からご意見をいただいて完成度を上げてゆきたいと考えています。

この実験用表示モジュールをOgaki Mini Maker Faire(12/3,4)のチーム伊勢の片隅で展示予定です。
私も参加予定でしたが事情により行けなくなりましたので、チームの方に持って行ってもらいましたが、展示スペースの都合で実際に置けるかどうかは?です。ご希望の方に販売できるものも何台か用意しました。まだ未完成な仕様であることをご了解の上で「ためしてやろうか」という方がおられましたらよろしくお願いします。(次回改版の資金に・・・)

使用方法などは順次掲載予定ですが、現時点で以下のURL(Google drive)に参考資料を保存しておりますので、ご興味のある方はご覧ください。